小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

このページは「機器がWi-Fi未対応なら無線LAN子機を 」の情報コンテンツです。
小型ビデオカメラ > 機器がWi-Fi未対応なら無線LAN子機を

豆知識

機器がWi-Fi未対応なら無線LAN子機を

現在では無線規格の主流となっているWi-Fiですが、一昔前のパソコンには搭載されていない場合も多く、Wi-Fiを導入する場合には、「無線LAN子機」を接続する必要があります。

無線LAN子機選択のポイント

無線LAN親機に適合する通信規格か 

Wi-Fiの規格には、「IEEE 802.11n」「IEEE 802.11b」「IEEE 802.11g」「IEEE 802.11a」の4種類があり、親機と子機が同じ規格に対応してないと接続はできません。無線LAN子機を増設する場合は、事前に親機の規格を確認しましょう。

無線LAN子機とパソコンの接続形式が同一か

無線LAN子機を増設するには、「USB」「カード」「イーサネット(LAN)」の3種類があります。自分のパソコンで利用可能なタイプを選択しましょう。もし一つしかないUSBをすでに使っていて空きがない場合は、コンバータ(変換器)を間に挟む方法もあります。

親機の許容接続台数をチェック

無線LAN親機には子機の最大接続数が設定されています。最大接続数は機種によって大きく異なります。自宅では超えることは少ないかもしれませんが、会社などでたくさんの人が子機を使用する場合には、オーバーしないように注意が必要です。

無線LANの接続方式

無線LAN子機の接続方法には3種類あります。古くから利用されているLANカード。LANカードは基本的にパソコン向けの接続方法です。使用する前にドライバーのインストールが必要になります。それから、イーサネットコンバータ。ドライバーのインストールなしで使用できる、有線LANからWi-Fiへの変換器です。そして、最も利用されているのがUSBです。広く普及している規格なので、持ち歩きや他のパソコンに乗り換えるなど、多目的に利用できるでしょう。

パソコン内蔵無線LANの高速化にも

最近ではモバイル環境を想定しているノートパソコンには、最初からWi-Fi機能が搭載されていることが多いです。余分な投資が必要なく、外観的にもスッキリするので、うれしい機能ですが、対応している規格が古い場合は、思ったほど速度が出ないこともあります。そんな時は、無線LAN子機を導入して、速度を上げることも可能です。契約している回線からみて大きく遅い場合は、無線LAN子機の導入がおすすめです。

小型ビデオカメラ 激安通販
ExecutionTime: 93 msec / Memory: 7.6 MB