小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

このページは「Wi-Fiの基本的な接続方法 」の情報コンテンツです。
小型ビデオカメラ > Wi-Fiの基本的な接続方法

豆知識

Wi-Fiの基本的な接続方法

ホームネットワークを構築するためには、無線LANであるWi-Fiの使用は欠かせません。Wi-Fiの基本的な接続方法についてご紹介しましょう。

設置済みのネットワークはそのまま活かす

ホームネットワークの構築に欠かせない無線LAN環境に必要なのは、インターネット回線と無線LANルーターです。インターネット回線自体はすでに使用している場合はその構成を確認してみましょう。電話回線や光回線のデータを、パソコンなどで利用できる形式に変換するモデムやメディアコンバーターがあると思います。それから、機器をLANケーブルで接続してデータの振り分けなどを行う有線LANルーターが接続されているはずです。契約業者によって異なり、メディアコンバーターとルーターが一体化していたりしますが、パソコンなどの機器の前に有線ルーターが通常存在しています。

購入した無線LANルーターを有線LANルーターの後につなぎます。これだけで無線環境ができあがります。有線LANルーターを取り外して、無線LANルーターを代わりに取り付けてもいいのですが、プロバイダからのアカウント情報を登録し直さなければいけません。面倒な人は、いまの環境を活かして、有線LANルーターの後に無線LANルーターをつなぐ方が簡単です。

SSIDとパスワードでWi-Fiに接続

無線LANルーターの設置が完了したら、Wi-Fiへの接続が可能です。接続するために必要なものは、ネットワークを識別するための「SSID」とセキュリティのための「暗号キー(パスワード)」だけです。ルーターにはこの2つの情報があらかじめ設定されているので、Wi-Fiに対応したパソコンなどの機器からルーターに設定されているSSIDを選んでパスワードを入力したら接続できます。この2つの情報は、初めて接続する時のみ入力すれば、設定は通常保存されます。次回以降は自動接続されるようになります。これでホームネットワークが構築できます。

小型ビデオカメラ 激安通販
ExecutionTime: 52 msec / Memory: 7.6 MB