小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

このページは「家の中ではWi-Fiを利用しよう 」の情報コンテンツです。
小型ビデオカメラ > 家の中ではWi-Fiを利用しよう

豆知識

家の中ではWi-Fiを利用しよう

「Wi-Fi(ワイファイ)」という言葉、さまざまな場所で耳にする機会が増えていませんか。Wi-Fiは、パソコンやスマホ、ゲーム機などを無線でインターネットに接続するための通信規格の一つです。外出先ではインターネット映像転送システムを活用し、家の中ではWi-Fiでネットワーク化しましょう。

Wi-Fiを利用するメリット

場所を選ばずにインターネットに接続できる

有線の場合は、ルーターと同じ部屋にないパソコンをインターネットに接続するためには長いLANコードを使わないといけないので、一苦労でしたが、Wi-Fiなら無線なので、離れた部屋にあるパソコンを何台も同時にインターネットに接続できます。

Wi-Fi対応プリンターで離れた部屋から印刷

プリンター自体をWi-Fiに接続することで、離れた部屋にあるパソコンからも印刷することができます。もちろん、Wi-Fiに接続したスマートフォンやタブレットからも直接印刷することができて、とても便利です。

追加料金なしでスマートフォンやゲーム機がインターネットにつながる

Wi-Fiに接続することで、スマートフォンでも通信料なしでインターネットを利用することができます。また、多くのゲーム機で、Wi-Fiに接続して、オンラインプレイを楽しむことができます。テレビやHDDレコーダー、オーディオ機器にもWi-Fi対応製品が増えてきています。もっている動画や音楽を無線で他の機器に飛ばすなど楽しみ方が広がっています。

無線LANルーターを選ぶ

Wi-Fi環境を構築するには、無線LANルーターが必ず必要になります。様々なメーカーからいろんな製品が販売されています。購入前に必ずチェックしたいポイントは、「通信規格」「通信速度」「セキュリティ」の3点です。特に通信規格はWi-Fiに接続予定の機器が対応しているか、事前に確認しておく必要があります。

現在利用されているのは4規格

現在Wi-Fiの通信規格として、利用されているのは、「IEEE 802.11n」「IEEE 802.11b」「IEEE 802.11g」「IEEE 802.11a」の4つで、それぞれに通信速度や周波数帯が異なります。購入の際にはWi-Fiに接続したい機器がどの規格に対応しているかを必ず確認しましょう。

通信速度はあくまでも理論値

たとえば、IEEE 802.11nの通信速度は600Mbpsです。しかし、実際にこの速度が出ることはまずありません。実測だと30Mbpsくらいだったりします。あくまでも理論値なので、遅くてもがっかりしないでください。30Mbpsも出ればストレスは感じないでしょう。

暗号化は必須

Wi-Fiのセキュリティは、暗号化方式である「WEP/TKIP/AES」と認証プログラムである「WPA/WPA2」の組み合わせからなります。制限をかけないと誰でも使えることになり、悪意を持った人が以内とも限らないので、必ず暗号化して利用するようにしましょう。

小型ビデオカメラ 激安通販
ExecutionTime: 93 msec / Memory: 7.6 MB