小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

小型ビデオカメラ

このページは「テレビやレコーダーのネットワーク機能を活用しよう 」の情報コンテンツです。
小型ビデオカメラ > テレビやレコーダーのネットワーク機能を活用しよう

豆知識

テレビやレコーダーのネットワーク機能を活用しよう

地上デジタル放送への完全移行の後、各メーカーが力を入れているのが、ネットワークに接続して活用できるテレビやレコーダーの開発です。ネットワーク機能を利用することで映像をもっと楽しめます。

テレビやレコーダーのネットワークサービス対応が拡大

薄型テレビやレコーダーをWi-Fiに接続する目的の一つは、家庭内の機器と連携です。家庭内LANに接続することで、同じWi-Fiのネットワーク同士で、相互に連携した使用方法ができるようにあります。このようなネットワーク化はスマートTVと言われ、各メーカーが現在最も力を入れています。

テレビとレコーダーで録画番組を共有

リビングのレコーダーで録画した番組を自分の部屋のテレビで見たいなど、家庭内の別の場所で見たいと思った経験は皆さんもあるでしょう。そんなときはレコーダーとテレビの間でDLNAによる番組共有が利用できます。ネットワークでレコーダーとテレビを連動させることで、別の部屋のレコーダーで録った番組もネットワークを介して再生することができ、家中どこでも自由自在に録画番組を視聴できるようになります。

テレビでもネットワークサービスを利用できる

テレビがインターネットに接続できるようになれば、今までパソコンで見ていた動画配信サービスによる最新の映画やドラマ、アニメ、さらにはYouTubeなども、テレビの大画面で、家族や友人たちとみんなで楽しむことができます。また、TwitterやFacebookといったSNSの利用もリビングでできるようになり、家族みんなで活用できます。

リモコン・録画機能をアプリやWebで連携

最近のテレビやレコーダ0-二は専用のスマートフォンアプリが続々とリリースされています。はじめは、単純にスマートフォンがリモコン代わりになるというものでしたが、最近ではWeb上の録画予約サイトと連動できたり、番組情報とネット上の情報を融合したりと、どんどん進化しています。

Wi-Fi機能が内蔵していない場合

上位機種の多くはWi-Fi内蔵が基本となっていますが、エントリー機には内蔵していないものもあります。有線LAN端子が搭載されていればネットワークに接続することは可能です。無線LAN子機を接続して、すっきりとWi-Fi化してしまいましょう。

クラウドワーキングに活用

例えばこのwebデザイナー大阪の事務所は、クラウドワーキングがベースになっています。 つまり自宅でもどこでも仕事ができるノマドのような状態になっています。 webデザイナーの仕事はパソコンさえあればどこでもできるので、 ネットワークをつなげて仕事をすれば、まるで現場にいるような感覚で仕事ができるのです。

小型ビデオカメラ 激安通販
ExecutionTime: 200 msec / Memory: 7.6 MB